1/1

            矢野 幸子    

               Yukiko Yano

 

 

 

看護師
・ヒーラー

【今までの学び】

 

*現代レイキマスター

*クリアサイト・ジャパン
・クレアボヤンススクール卒業
・エナジェティック・メディスンスクール卒業

*日本ホリスティックアカデミー/和のやすらぎ枝
・マスターコース修了
・年齢退行プロフェッショナルコース修了
・前世療法プロフェッショナルコース修了
・ソマティックヒーリング初級講座修了
・認知行動療法講座修了
・心理療法講座修了

 

私は今、レイキヒーリングの技法を、身近な家族の健康を支えたいと願う人たち、これから子どもを産み育てていく女性たち、医療の必要な様々な場所での働く看護師たち、ボディワークを行っている人たちに一人でも多く伝えていきたいと願っています。

なぜなら、レイキのシンプルで分かり易い技法の中に、真の意味で人を健康と幸せに導く「すべて」が入っていると気づいたからです。

レイキヒーリングは、海外ではその効果がすでに実証され、医療現場でも多く使われるようになっているからです。

私はこれまで、国立病院での勤務に始まり、長い月日を看護師として過ごしてきました。 職業柄、多くの人の死に至るまでの過程を目の当たりにする機会も多く、 人は死んだら全てが終わるのか、安らかな死を迎える為にはどう生きればいいのか、 死後の世界(魂)はあるのだろうかと、いつもそんな事を考えながら働いていました。 臨床の場で、主にすすめられる、肉体(からだ)だけの治療に疑問と限界を感じていた私は、 肉体(からだ)と精神(こころ・魂)が共に癒されるにはどうすればいいのだろうか、と思い悩んでいました。

悩みの解決の糸口も見えず、人生にも疲れ果てていた時、 精神(こころ・魂)と肉体(からだ)の繋がりを本格的に学べる学校(クリアサイト・ジャパン)があることが分かり、 探し続けてきた課題の答えを本格的に学ぶ機会を得たのです。 そして人の死は終わりではないこと、安らかな死を迎えるまで元気に生きるには、肉体(からだ)と精神(こころ、魂)の両面からのアプローチが必要であることを学んでいきました。

レイキとの出会いは、様々な方向から、こころとからだの繋がりについて学びを続けていく中で訪れました。
このシンプルなレイキの技法の中に、私が長い間探し求めていた、真の意味で人が健康になっていく為の方法肉体(からだ)と精神(こころ・魂)を共に癒していく「すべて」が入っていたのでした。
日本発祥で、世界で使われているこの素晴らしいレイキヒーリングの技法を 私は今、 一人でも多くの人に伝えたいと願っています。
そしてレイキに出会った人が、レイキを自分と自分の周りの人たちに使い、多くの人たちの「からだ」と「こころ・魂」が癒されていくのを願っています。