HEAL 奇跡の治癒力

February 19, 2019

 アメリカのドキュメンタリー映画、

「HEAL 奇跡の治癒力」を観た。

昨年から全国各地で上映され、

福岡が最後の上映地で会場は満席。

 

この映画は、

癌のステージⅣ、脊髄損傷、難病と言われ

死を宣告された人たちが、生還していった、

その生還の不思議を探るドキュメンタリーだった。

 

生還された方々のドキュメンタリー画像と共に、

死を宣告された状況に置かれても、

人体には奇跡のような治癒力があることを、

ヒーラーや精神的指導者、医師や科学者などの

各分野の専門家が、

回復のポイントとなったことをデーターを示しながら、

目を輝かせながら、全編を通して伝えていた。

 

肉体(細胞)を回復させていくには、

物理的には、

それまでの食生活や、生活環境を見直すこともあるが、

それ以上に大きなものは、

その人の物の見方や信念となっているもの(目に見えないもの)

へのアプローチであること。

 

物の見方や信念、感情(目には見えないもの)が、

変化していくことによって、

人体がもつ奇跡的な治癒力が

蘇えっていくことを、

この映画はみごとに見せてくれていた。

 

アメリカの有名なレイキマスターである

Patti Penn(パティ・ペン)氏も

心と体をつなぐ治療家として

出演されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Infomation
Please reload

Recent Posts
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic